(株)小出環境サービスカンツー工業社員ブログ

地球に優しく信頼のサービスで皆様の生活をお守りします。

サスペンスミステリー

裕造の映画レビュー第10弾は、「22年目の告白-私が殺人犯です-」です。

藤原竜也、伊藤英明主演のサスペンスミステリー映画です。
1995年、東京で起きた5件の連続絞殺事件。警察の捜査もむなしく時効を迎え、迷宮入り事件となる。それから22年、派手なパフォーマンスとともに堂々と自分が犯人だと名乗り出た男が現れた。男の名前は曾根崎雅人。彼の書いた告白手記はベストセラーとなり、一躍時の人となった曾根崎の行動は日本中を翻弄する。

法では裁けない相手にどう決着を着けるのかと、思いながら観ていましたが、最後にはそう来たかと、終盤の展開の早さは、なかなか楽しめます。

by 松岡裕造

ジャッキーチェン

裕造の映画レビュー第9弾は、ジャッキーチェン主演の「スキップトレース」です。 ジャッキーと言えば、アクションとコメディー。
今回もアクションとコメディー満載の飽きずに観れる1時間半の作品です。
子供の頃から、ジャッキー映画は、よく観ていましたが、やはり年取りましたね。
でも、63歳には、見えない。 ジャッキーと言えば、スタントを使わず自分で、すべて演じる事で有名ですが、この歳になってもそれは変わらず、すべてこなしていました。
エンディングのメイキングにもしっかりと。 ジャッキー映画のメイキングも楽しめます。

by 松岡裕造

子供も大好き?

裕造の映画レビュー第8弾は、「怪盗グルーのミニオン大脱走」です。
子供がミニオンズ好きなので、一緒に観ました。

晴れて結婚したグルーとルーシーの前に、新たな敵バルタザール・ブラットが現れる。1980年代に子役として人気を博した過去の栄光にすがり、80年代ファッションに身を包んだバルタザールは、様々なガジェットを駆使して犯罪を繰り返し、グルーを反悪党同盟から追い出してしまう。そんな時、グルーにドルーという生き別れになっていた双子の兄弟がいることが判明し、父親から莫大な遺産を相続しているドルーは父の志を受け継ぎ天下の大悪党になることを夢見ていた。一方、グルーの相棒ミニオンたちは、グルーが反悪党同盟をクビになったことで再び悪の道に戻ってくることを期待していたが、グルーにその気がないことを知り、新たなボスを求めて旅に出る。 wiki引用

お正月にもってこいの作品です。

by 松岡裕造

最後ってなに。

裕造の映画レビュー第7弾は、「トランスフォーマー 最後の騎士王」です。
そう最後の騎士王なんです。タイトルだけ見たら最後なんだなと思うと思います。
ネタバレにはなりますが、最後ではありません。 続編があると思います。ってか、あります。(断言)

前作のオプティマスが、故郷に向かうところから始まり、サイバトロン星と地球の関係やオートボット達が地球に来る理由が、分かってきます。 最後だと思ってみていると、最後には続編が気になる終わり方。 よくあるパターンですが…。
CGなど見応えのある作品になっています。

by松岡 裕造

ギャグ系

裕造の映画レビュー第6弾は、週刊少年ジャンプで連載中の漫画「銀魂」です。

連載初期の話になっているので、漫画やアニメを観たことある人は勿論、初めて観る人も楽しめる作品になってます。

笑いもあり、最後には感動(?)もあるかも。(笑)
洋画のコメディー物とは、違う笑いがお勧めです。

by 松岡裕造

海賊とワイン

裕造の映画レビュー、第5弾は、「パイレーツオブカリビアン 最後の海賊」 シリーズ最新作です。
っとその前に、映画のお供にこの1杯をご紹介。

そう。ボージョレヌーボです。 セブンで、1500円台の物です。この上に、2000円台のがあります。
味は、赤にしては、後味スッキリで飲みやすいです。 2年前に今世紀一番と言われてましたが、今年こそ一番かなと。個人的に。好き嫌いはありますが。
この1杯を楽しみながら、映画鑑賞と洒落混みました。


感想的には、シリーズ最終章として終わらそう感が、所々に。 内容的には、今まで道理笑いありのコメディ系です。

ジョニー・デップのジャックスパローは、変わらずさすがの演技です。
シリーズの締めくくりとしては、満足の一作です。 ワインと映画で満足な週末でした。 雪は心配ですが(;゚Д゚)

by 松岡裕造

初かいり。

初めて、大湯温泉のかいりさんに初めて、泊まりました。仕事では、よく来てたけど、会社の飲み会とか泊まる機会がなくて。
風呂も何か、楽しい感じで、料理も食べきれないくらいです。
仕事終わりの週末に宴会からの参加で、今風呂を楽しんで来ましたが、一杯飲んだら、もう一っ風呂楽しんで、寝たいと思います。

by 松岡裕造

無限の住人


裕造の映画レビュー第4段は、今日レンタル開始の無限の住人です。
昔アニメで観たことある作品が、キムタク主演で実写化。
作品的には、かなりグロい作品です。
旧SMAPメンバーの稲垣吾郎が出ていた、十三人の刺客もかなりグロい作品でしたが、これもなかなかです。
あずみや、十三人の刺客を観たことある人は、想像付くと思います。
個人的には、一度観たらいいかなと。もちろん、面白かったですけど。
ただ、小さいお子さんとは、観ないでください。
地上波では、放送出来ないかもしれないので、気になったかたは、一度観る価値あると思います。最後は、やっぱりって、感じでしたが。

by松岡裕造

思い付き

昨日朝のニュースで、ピザの綺麗な食べ方をしていて、ピザが食べたくなったので、夕飯にピザ作ってみました。
ちなみに綺麗な食べ方は、ハサミを使って箱ごと切るというものでした。確かに箱をピザごと切れば、ピザ型の皿もできて、食べやすく具も落ちないものでした。
宅配限定ですが。宅配ピザも無いので、今回は、ピザ生地を買ってきて、ソース塗って、具のせて焼くだけ。

いろいろ作ってみましたが、子供には、エビとトマトをのせたミートソースピザがお気に召したみていでした。

by松岡裕造

君の名は。

裕造の映画レビュー第3回目は、今さらですが、昨年大ヒットした。新海誠監督の「君の名は。」です。

個人的に、作品よりも新海誠監督の作品が、昔から好きで、気にはなってたので観て見ました。
ストーリーは、時をかける少女と転校生を足して何か割った感じです。
ストーリーよりも絵が綺麗で、個人的に好きです。もちろん、内容も面白かったです。
青春を思い出せるかも。(笑)

by 松岡裕造


profile

書いた記事数:1321 最後に更新した日:2018/01/16

PR

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM